2007年02月24日

それでもボクはやってない

それでもボクはやってない」みてきました。


えーと・・・かなりショッキングな内容でした。
現代の司法制度の問題点が浮き彫りにされてます・・・が、それより自分がほとんどと言っていいほど裁判について何も知らなかった事の方がショッキングだったかも知れません。

容疑者=犯罪者という構図がきっぱりと成り立ってますね。
しかも痴漢えん罪に限るなら、男性ならいつ自分が同じ立場になってもおかしくない現状。他人事ではない恐怖を感じます(女性専用車両なども増えてきていますが、男性専用車両がないので男性側のえん罪リスクは変わりませんよね)。
置換に限らず、犯罪において初動捜査がいかに大切かってのも痛感します。


司法制度の限界を感じます。状況と証拠だけを積み上げて判断する方法は合理的(とゆーかそれしかない?)ではありますが、証拠をほぼ検察が握っていて、検察の不利な証拠は出てこないというのでは結果は見えてます。人が人を裁くのだから間違いはつきもの、という論理は当事者には受け入れ難く、ましてや裁判官の心証を考慮して、なんてたまったもんじゃありません。
警察・検察がかなり印象悪く描かれてますが、クレームとかがなさそうなので、概ねこんなものなのでしょう(笑)


作品的にも、2時間を超えてるにも関わらず飽きさせません。BGMと言えるものもほとんどなく(1カ所だけ?)、逆にそのシーンの演出があざとく見えたくらいです(笑) なくてもよかったかも。


ほぼノンフィクションと言ってもいいと思うこの映画、裁判員制度が始まるこの時期だからこそ、多くの人に観てもらいたい作品です。裁判員制度も始まるので、世間の関心が高まると裁判制度そのものの見直しもされていくかも知れませんね。とゆーか見直してください。
でもこれ観たら裁判員なんて拒否したくなりますね(^^;)


 


posted by じぇっと at 14:47| 大阪 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月17日

ワールド・トレード・センター

ワールド・トレード・センター見てきました。

うーん、なんと言いますか・・・感動的ではあるんですが、UNITED93とは違い感動的に見せるための演出が所々に見られたのが非常に気になりました。

これが完全なフィクションであればすんなり受け入れられると思うんですが、なまじ事実を元にした作品だけに逆に拒否反応が出てしまうのかも知れません。

事実を元にした作品だからエンターテイメント性を排除しなければならないわけではありませんが、この作品はそれをするにはまだ早すぎるように感じました。この作品も時間が経つにつれ違和感なく受け入れられるようになるんでしょうか・・・。


同じ監督のJFKとか違和感なかったんですけどねえ。まあちょっと性質違いますけど・・・。


  
posted by じぇっと at 01:01| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月17日

ワイルドスピードx3

あんまし興味なかったし、前2作とも観てませんでしたが、タダ券をもらったのでワイルドスピードx3を観てきました。


設定とか展開とかツッコミどころ満載でしたが(笑)、それなりに楽しめました。
日本語わからんのに日本語の授業受けてるし、未成年なのに車運転してるし、ヤ○ザのドンなのに英語ベラベラだし。さすが最近のヤ○ザはインターナショナル(笑)
あと、ある意味日本のメディアがナメられてます(笑)

日本がヘンな感じに描かれてるのはまあ当然なんですが、ああこういう風に見られてるんだなという勉強にもなります。
無意味にケータイいじってるし。
これがハリウッド映画なんだっていうギャップが面白かったですね。


フツーにエンターテイメント映画としてはよかったです。前作わからなくても楽しめます。何も考えなくていいので楽です(笑)


あ、妻夫木くんはホントに30秒くらいでしたが、めちゃハマってました。なぜ30秒?


 
posted by じぇっと at 17:08| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月31日

UNITED 93

UNITED 93観てきました。
よかったです。久々に感動しました。
いつも裏読みする私がこんなに感動したのは、やはり事実に基づいているからでしょうか。


脚色はほとんどないと思われます。事実のみを淡々と追っているように見える演出にも好感が持てます。これがハリウッドばりのド派手な演出だったら遺族が公開を認めないでしょうけど(笑)

主要な空港関係者をほぼ本人が出演してるのもこういった雰囲気を作ってる要因にもなっているようですね。


よく言われてますが、アメリカもこの映画を作れるほどには回復したんだなぁと思いますね。


これを観て、やはり無差別テロは許し難い犯罪なんだと改めて認識させられました(文化的・政治的な背景は置いとくとして)。



 
ラベル:映画 UNITED 93
posted by じぇっと at 00:03| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
自動更新バナー

 iTunes Music Store(Japan)

ウィルコムストア



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。