2006年12月25日

米ソウル歌手ジェームス・ブラウン氏、死去

という記事がSANSPO.COMに掲載されてます。


ご冥福をお祈りいたします・・・m(_ _)m



 


posted by じぇっと at 17:50| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

著作権保護期間は延長すべきか 賛否めぐり議論白熱 (1/3)

という記事がITmedia Newsに掲載されてます(2/3)(3/3)。

先日行われた「著作権保護期間の延長問題を考える国民会議」のシンポジウムの模様が掲載されてます。


個人的には松本零士さんがどんなこと話すか注目してたんですが・・・なんかガッカリ。
この記事だけでの判断はよくないのは承知の上で、これだけ読むとエリート意識丸出しのエゴイストにしか見えません。

特に遺族への著作権収入の話で、司会の中村さんの「自分の死後、家族の生活を守りたいと思うのは、作家もそば屋やうどん屋の主人も同じ。作家の遺族は著作権法で保護されるが、そば屋・うどん屋の遺族を守ってくれる『そば屋法』や『うどん屋法』はない」に対しての言葉、
「そばやうどんと一緒にしてもらっては困る。作家の作品は残るが、そばやうどんは私にも作れる」
とゆーのははっきり言って失言だと思います。こんなに一般人をバカにした言葉はありません。死にものぐるいで働いてるのはクリエイターだけではありません。
あと「古典と現代を混ぜてはいけない。近現代にあるものを改変したりパロディー化することは作品への侮辱」とか訳わかりません。なんで混ぜたらだめなの? リスペクトって言葉知らないの?

なんか松本零士さんの話は20年前なら理解できるんですが現在の状況には当てはまらないんじゃないでしょうか。それに松本零士並のネームバリューがあれば相応の見返りが期待できますが、ぺーぺーのクリエイターの作品はあっという間に世間から消え去り、著作権者の囲い込みのせいで日の目を見ることもなくなります。それってどーよ? ロングテールって言葉知ってる?


私知りませんでしたが、松本零士さんはACCSの理事をされてるんですね。
すべて本音なのか、理事としての立場も踏まえての発言なのか、ちょっと気になるところです。マッキーとの騒動も併せて考えると本音な感じがしますが。

賛成派の著作者ほかに探してきて討論に参加させないとまっとうな議論にならないと思うんですけど・・・。
私も思わず納得してしまうような賛成派の意見を聞かせてください。


 
posted by じぇっと at 01:05| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月14日

東芝、EMI株売却 音楽ソフト事業から撤退

という記事がITmedia Newsに掲載されてます(東芝ニュースリリース)。


「音楽コンテンツ事業は当社グループの他の事業との関連性が低い状況となっているため」売却するらしいのですが、
なんというか、自分のヘタレっぷりを晒してるようなもんだと思うんですが(笑)

確かにイマドキのレコード会社なんかは手間ばっかり掛かっておいしくないとは思いますけど、コンテンツ手放すのはうまいやり方とは思えませんね。ハードとソフト両方とも持ってるのになんで相乗効果狙う売り方しなかったの? あ、そんな発想なかったのか(笑)

まあ東芝はMSと仲がいいみたいだから(zuneは東芝製だし、HD-DVDでタッグ組んでますし)コンテンツはMSに任せて自分はモノ作りに専念しようと思ってるんでしょうか。


気になるのは東芝EMIや所属アーティストが今後どうなるかですね。
名前はおそらくEMIに変わるだろうし、本国ではCCCDも一部残ってるみたいだし、ヘンな形に変わらなきゃいいですけど・・・。
まあ日本は特殊だから今の形で残んじゃないかと(笑)


 
ラベル:東芝EMI
posted by じぇっと at 22:21| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月29日

著作権保護期間延長はクリエイターのためになるか

という記事がITmedia +Dに掲載されてます。

「著作権保護期間の延長問題を考える国民会議」の発起人の一人、小寺信良さんが反対の立場から、これまた長い文章ですがわかりやすく解説と所信表明をなさってます。
著作者と著作権者の違いとか、人格権とか財産権とか複雑すぎます(^^;)

インセンティブとしての期間延長とゆー話も、著作者自らがするならともかく、財産権を押さえている団体が主張しても説得力もなにもあったもんじゃありません。著作者連れてきて直接話をするんなら考えるところもありますが。
その意味で松本零士が参加しているのってすごく意味がある気がします。


しかし賛成派の意見を見ても、著作者の事を考えているとは思えません。ほとんど会社なんでしょうけど、会社の利益を追求して文化の事ホントに考えてんの、って印象をかなり強く感じます。
こういう印象を受ける時点でアウトだと思いますがいかが?


 
ラベル:著作権
posted by じぇっと at 21:57| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月24日

【短期連載】識者・クリエイターの声を聞いて、著作権保護期間の延長を考えてみよう(前編)

という記事がASCII24に掲載されてます(中編)(後編)。

以前紹介した「著作権保護期間の延長問題を考える国民会議」の記者会見の模様を細かくレポートしてます。

長い記事ですが必見です。
著作権ってわかってるようであんましわかってないので、非常に参考になります。


この記事を読むと延長反対の方が多くてバランス悪いですね。延長賛成の方の論旨も弱い感じがします。

こういう会議にこそ著作権管理団体とか権利団体の方に参加して欲しいですよねぇ。議論しようって言ってるんだから。


私はもちろん反対なのですが、そんなにカンタンではない大人の事情もありそうなので、結論ありきではなく、知財立国の名に恥じないよう議論を尽くしてから結論を出して欲しいですね。


 
ラベル:著作権
posted by じぇっと at 19:40| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月09日

「著作権保護期間の延長、議論を尽くせ」――クリエイターや弁護士が団体発足

という記事がITmedia Newsに掲載されてます。

クリエイターからの声が出てきたのが大きいですね。
いままでこういう議論というか主張は著作者ではなく著作権保護団体からの声がほとんどで、どうにも団体の利益追求としか思えなかったんですけど。


これで一方的な議論にはならないでしょうから少しは安心です。記事にもありますがミッキーマウス保護法でも議論はされてるわけですから、コンテンツ立国を目指す日本で議論されないのは論外ですよね(笑)


 
ラベル:著作権
posted by じぇっと at 18:28| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月19日

吉野家牛丼1日限定復活、100万食完売

という記事がnikkansports.comに掲載されてます。

あんなこと書いてましたが・・・結局食べてしまいました(笑)


まあ、今回は安倍社長を信用した、ってことで。


味は少し薄かったですね。こんな味だっけ? と少し考えてしまいました。
なんかタマネギも少し半生っぽかったし、正直イマイチ。
店によって違うのかな?
客も多かったし、店も大変だったということにしときましょう(笑)


でもみんな昔と同じ味だったのかな? 次もこんな味なら、もう食べないかも。


 
ラベル:吉野家 牛丼
posted by じぇっと at 15:18| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月08日

吉野家の牛丼、遂に復活!!

という記事がトラックバックを頂いたなにこれブログに掲載されています。

過去エントリにも書きましたが、18日の牛丼復活が決定、さらに10〜11月にも限定で復活するそうです。



・・・ああ、なんか食べてしまいそうだ(笑)


 
ラベル:吉野家 牛丼
posted by じぇっと at 18:37| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
自動更新バナー

 iTunes Music Store(Japan)

ウィルコムストア



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。