2006年12月14日

東芝、EMI株売却 音楽ソフト事業から撤退

という記事がITmedia Newsに掲載されてます(東芝ニュースリリース)。


「音楽コンテンツ事業は当社グループの他の事業との関連性が低い状況となっているため」売却するらしいのですが、
なんというか、自分のヘタレっぷりを晒してるようなもんだと思うんですが(笑)

確かにイマドキのレコード会社なんかは手間ばっかり掛かっておいしくないとは思いますけど、コンテンツ手放すのはうまいやり方とは思えませんね。ハードとソフト両方とも持ってるのになんで相乗効果狙う売り方しなかったの? あ、そんな発想なかったのか(笑)

まあ東芝はMSと仲がいいみたいだから(zuneは東芝製だし、HD-DVDでタッグ組んでますし)コンテンツはMSに任せて自分はモノ作りに専念しようと思ってるんでしょうか。


気になるのは東芝EMIや所属アーティストが今後どうなるかですね。
名前はおそらくEMIに変わるだろうし、本国ではCCCDも一部残ってるみたいだし、ヘンな形に変わらなきゃいいですけど・・・。
まあ日本は特殊だから今の形で残んじゃないかと(笑)


 


ラベル:東芝EMI
posted by じぇっと at 22:21| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
自動更新バナー

 iTunes Music Store(Japan)

ウィルコムストア



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。