2006年11月29日

第260回:USBオーディオの音質補正機能を検証 〜 クリエイティブ「Xmod」と日立マクセル 「Vraison」を試す 〜

という記事が藤本健のDigital Audio Laboratoryに掲載されてます。
XmodとVRAISONの検証が行われてます。


値段相応というか、やはりXmodはイマイチっぽいですね。でもVRAISONはPC必須なんで使用方法には工夫が必要そう。1チップ化とかしたらモノも小さくなって振り回しやすくなると思いますが。

個人的にはVRAISONの今後の展開に注目。
ただターゲットがやっぱわかりにくいですねぇ。ハイエンドに金使うかも知れない中高年相手にPC使用前提ではちぃっとキビシイ感じがしますどの辺狙ってるんでしょうかね。

その点Xmodはターゲットがわかりやすいですね。機能的にもサラウンド機能付きUSBオーディオデバイスのオマケと考えたら・・・やっぱりちょっと高いか(笑)


 


posted by じぇっと at 21:10| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
自動更新バナー

 iTunes Music Store(Japan)

ウィルコムストア



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。