2006年11月29日

Beatles: iPodが独占?

という記事がMy Sleepless Nights in the Big Appleに掲載されてます。

先日お伝えしたBEATLESの音楽配信への楽曲提供(のウワサ)ですが、私の予想に反してiTunesで提供されるかも知れません。
それどころかビートルズ版iPodも提供されるかも、との事。


まさにサプライズ(笑)


しかし裁判も含めて、Appleがビートルズ関連で支出する金額ってすごい莫大ですね・・・。
このお金があったらもっと早くフルスクリーンiPodも完成してた・・・かも?


  


ラベル:Beatles 音楽配信
posted by じぇっと at 23:01| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽・音響 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

著作権保護期間延長はクリエイターのためになるか

という記事がITmedia +Dに掲載されてます。

「著作権保護期間の延長問題を考える国民会議」の発起人の一人、小寺信良さんが反対の立場から、これまた長い文章ですがわかりやすく解説と所信表明をなさってます。
著作者と著作権者の違いとか、人格権とか財産権とか複雑すぎます(^^;)

インセンティブとしての期間延長とゆー話も、著作者自らがするならともかく、財産権を押さえている団体が主張しても説得力もなにもあったもんじゃありません。著作者連れてきて直接話をするんなら考えるところもありますが。
その意味で松本零士が参加しているのってすごく意味がある気がします。


しかし賛成派の意見を見ても、著作者の事を考えているとは思えません。ほとんど会社なんでしょうけど、会社の利益を追求して文化の事ホントに考えてんの、って印象をかなり強く感じます。
こういう印象を受ける時点でアウトだと思いますがいかが?


 
ラベル:著作権
posted by じぇっと at 21:57| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第260回:USBオーディオの音質補正機能を検証 〜 クリエイティブ「Xmod」と日立マクセル 「Vraison」を試す 〜

という記事が藤本健のDigital Audio Laboratoryに掲載されてます。
XmodとVRAISONの検証が行われてます。


値段相応というか、やはりXmodはイマイチっぽいですね。でもVRAISONはPC必須なんで使用方法には工夫が必要そう。1チップ化とかしたらモノも小さくなって振り回しやすくなると思いますが。

個人的にはVRAISONの今後の展開に注目。
ただターゲットがやっぱわかりにくいですねぇ。ハイエンドに金使うかも知れない中高年相手にPC使用前提ではちぃっとキビシイ感じがしますどの辺狙ってるんでしょうかね。

その点Xmodはターゲットがわかりやすいですね。機能的にもサラウンド機能付きUSBオーディオデバイスのオマケと考えたら・・・やっぱりちょっと高いか(笑)


 
posted by じぇっと at 21:10| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月26日

定額制音楽配信サービス「Napster To Go」を楽しもう

という記事がウィルコムファンに掲載されてます。

全く気がつきませんでしたが、WMP10を搭載するw-zero3ほかWM5端末では携帯端末に楽曲を転送する「Napster To Go」がそのまま利用できるようです。


灯台もと暗しとは正にこのこと。図らずもナップスター対応機器を所有していたことになります(笑)
ナップスターのHPを確認しましたがこのことは書いてないようです。対応端末増えるし、書いといた方が良いような気がするんですが。
サポートが面倒くさいから放置してるんでしょうか。

まあ仮にWM5対応するんだったら、WM5でそのまま購入できる専用アプリまでを用意して欲しいところですが、ドコモがWM5対応端末を出すまでは期待できそうにないですね。

どちらにせよ現状のままでは私は利用しませんけどね。


 
posted by じぇっと at 22:14| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月24日

厚生労働省「PLC機器の運用に伴う医療機器への影響は否定できない」、都道府県等に通知

という記事がHF-PLC Watching Siteに掲載されてます。


PLC機器の医療機器への影響は否定できない、として厚生労働省から関係各所に通知及び総務省に行政指導の依頼があったようです。
厚生労働省がイケイケドンドンに横槍をいれた、という感じでしょうか。でも強制力はなさそうです。

気になるのは、リンク先にある
>東電や九電が実験していた集合住宅の場合、患者の自宅ではパソコンやデジタル家電がなくPLCを使わないとしても、ほかの居宅と同様に親モデムからの信号が届きます。

なんて防ぎようがないですよね・・・。
人命に関する事ですから売り込むにしてもしっかり対策してからにして下さい。マジで。


 
ラベル:PLC ネットワーク
posted by じぇっと at 20:09| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【短期連載】識者・クリエイターの声を聞いて、著作権保護期間の延長を考えてみよう(前編)

という記事がASCII24に掲載されてます(中編)(後編)。

以前紹介した「著作権保護期間の延長問題を考える国民会議」の記者会見の模様を細かくレポートしてます。

長い記事ですが必見です。
著作権ってわかってるようであんましわかってないので、非常に参考になります。


この記事を読むと延長反対の方が多くてバランス悪いですね。延長賛成の方の論旨も弱い感じがします。

こういう会議にこそ著作権管理団体とか権利団体の方に参加して欲しいですよねぇ。議論しようって言ってるんだから。


私はもちろん反対なのですが、そんなにカンタンではない大人の事情もありそうなので、結論ありきではなく、知財立国の名に恥じないよう議論を尽くしてから結論を出して欲しいですね。


 
ラベル:著作権
posted by じぇっと at 19:40| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月23日

第259回:Inter BEEで見つけたオーディオ新製品 〜 ポータブルレコーダや、DAWソフト新バージョンなど 〜

という記事が藤本健のDigital Audio Laboratoryに掲載されてます。

Inter BEEでのいろいろな製品が紹介されていますが、多チャンネルのオーディオ伝送システムが面白そうです。

CAT5eのケーブル(いわゆるLANケーブル)を使ったオーディオ伝送システムって耳にしたことはあっても実物はさっぱり知らなかったんですが、かなりしっかり出来てきているようです。でもやっぱりここでも規格争いがあるようで・・・。

それでもお手軽にケーブルを引き回せるのはラクそうで良い感じ。
伝送距離によるロスとかケーブルの品質とかでやっぱり音質が変わったりするんでしょうか。やっぱし変換時のコンバータが重要?

以前紹介したこれも仕組みとしては同じですね(厳密には違いますが)。


 
ラベル:InterBEE
posted by じぇっと at 17:07| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・音響 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コルグ、ポータブルDSDレコーダ「MR Style」2モデルの価格を決定

という記事がMusicMaster.jpに掲載されてます。

例のコルグのポータブルレコーダーの価格と値段が決定されたようです。
ハンディサイズのMR-1が75,600円、MR-1000が147,000円で、来年1月下旬に発売延期されたようです。
しかし、先駆的な製品のため仕方ないとは思いますが、高いですね・・・。
ある程度こなれてきたら買いでしょうか。

HDD搭載のため録音時の駆動音が気になるところですが、実際どんなもんなんですかね。


 
posted by じぇっと at 16:48| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・音響 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
自動更新バナー

 iTunes Music Store(Japan)

ウィルコムストア



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。